革靴をクリーニング

みなさんは現在靴のクリーニングの意識っておもちでしょうか。衣類、布団、私達は、いろいろなものをクリーニングに依頼しますよね。ならば、シューズにクリーニングというのも当たり前の発想です。
みなさんは、きっと、高価なシューズを履いているでしょうし、そのようなものに対して、修理するモチベーションも大事ですし、クリーニングする意識も大事になって来るのではないでしょうか。

シューズ程度は、洗濯でいいという人たちもいます。安易なスニーカー程度ならそれでいいのかもしれません。 そのようなものを洗濯機にいれてスイッチオン!シューズ洗濯ネットというものも販売されておりますし、取りあえずOKでしょう。しかし、安易な洗濯機でそのようなことをしていると洗濯機もろとも壊れて、痛い目にあうかもしれませんが。
自分の家ではリスクが高いので、そのようなアイテムこそ、コインランドリーに持っていくという人たちもいるようですが、マナーとしてどうなのでしょうか。

でも、革という場合、そんな荒技は通用しません。海外では革も洗濯機で洗うという傾向が当たり前という声も聞きます。メーカーによって可能かもということですが。サドルソープを使用して、革全体にぬりこむようにスポンジをあてて、丁寧に塗って行ったり、更についたニオイは重曹で取ることが出来ると言います。乾燥剤や新聞紙を利用したり、みなさんが革に対してのいろいろな知恵を絞っているようですが。